病気の話



          1.急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)
               症状:突然の耳の痛みが出現したり,耳から膿や粘性の分泌物が出ててきます.子供さんは
                  泣き出したり,発熱することもあります.
               原因:風邪の時,ウィルスや細菌が中耳腔(鼓膜のうしろにある空洞)に侵入して炎症を
                  おこします.鼓膜は赤くはれたりします.
               治療:痛み止めや抗生物質を使用しますが,時には中耳腔にある分泌物を出すため
                  鼓膜を切って排膿する(鼓膜切開)こともあります.急性中耳炎を発症している時は,
                  鼻炎,副鼻腔炎(いわゆる ちくのう),気管支炎なども併発していることがあり
                  ますので,中耳炎だでなく他の感染症も治療していく必要があります.



          2.滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)
               症状:中耳腔に貯留液があるため耳閉塞感(みみがつまった感じ),聴こえにくいなどが主
                  な症状ですが,乳児や小児に多いため症状を訴えることが少ないです.急性の炎症が
                  ないため,痛みを訴えることは少ないです.テレビを前で見たり,音量を大きくした
                  り,呼びかけになかなか応えなかったり,声が大きいなど日常生活から耳が遠いので
                  はないかと疑って耳鼻咽喉科を受診して診断されることが多いです.また急性中耳炎
                  から移行していくことが多いので,急性中耳炎の耳の痛みが無くなったから治ったの
                  でなくきちんと診てもらってください.
               治療:鼻炎,副鼻腔炎,アレルギー性鼻炎,アデノイド肥大などを合併している
                  こともあり,これらの治療も行っていく必要があります.また鼓膜切開や鼓膜換気
                  チューブを挿入することもあります.アデノイド肥大があれば,アデノイド切除
                  術も行うことがあります.



          3.アレルギー性鼻炎
               症状:発作性のくしゃみ,水様性鼻汁,鼻づまりを症状とします.これらの鼻炎症状を
                  引き起こす原因にはハウスダスト,ダニ,花粉,カビ,ペットなどがあります.
                  これら原因となるものを抗原と言います.抗原に対して体が敏感になった方
                  (感作状態)が,これらの抗原を鼻腔から吸入することでくしゃみ,鼻汁,鼻づまり
                  を起こします.ハウスダスト,ダニが原因の場合,年中鼻炎症状があります.また
                  スギ(2月中旬〜3月末),ヒノキ(3月末4月末),イネ科の雑草(5月連休頃〜7
                  8月頃まで),ヨモギ・ブタクサなどのキク科の雑草(8月〜11)などの花粉が原因
                  で起こる場合を花粉症と呼びます.アレルギー性鼻炎の抗原は一つだけでなく二つ
                  以上であることが多いです.また鼻炎だけでなく,目の症状やのどのかゆみ,咳など
                       の症状を伴うこともあります.
               治療:鼻炎症状がアレルギーによるものかどうか,抗原は何かといった診断を行います.
                  鼻水を調べたり,血液検査や皮膚試験で抗原を調べたりします.治療の基本は抗原の
                  回避・除去ですが,花粉に対してはマスクや眼鏡を使用して吸入する抗原の量を少なく
                  します.ハウスダスト・ダニに対しては敷布団,ソファー,カーペットなども掃除機で
                  清掃することが重要です.お薬は患者様の病状に応じて処方し,副作用の少ないことに
                  も注意する必要があります.

 よくある Q&A 




          1.みみあか(耳垢)をとる必要があるのでしょうか.
                耳垢には乾いたものと軟らかくアメ状のものがあります.耳垢をためておくと耳栓のよう
                になり聞こえにくくなったり,これらの耳垢にカビが繁殖したり,また外耳道炎(がいじ
                どうえんを起こしたりします.わずかな耳垢は心配ありませんが,ためすぎるのはよく
                ありません.子供さんがよく耳をさわったりする原因のひとつにもなります.赤ちゃんの
                耳の穴は小さいので,そうじが出来なければ耳鼻咽喉科で除去してもらってください.



          2.子供が耳をよくさわるのですが.耳がおかしいのでしょうか.
                子供さんが耳をさわる原因に,@耳に湿疹があり,かゆい.外耳炎などを起こしている
                      Aみみあか(耳垢)がたまっているB中耳炎を起こしているなどが考えられます.時に
                は異物などが入っていることもあります.



          3.急に耳を痛がりだしました.
                プールなど夏場によく泳ぐ子供たちが,泳いだあとに耳の痛みを訴えることがあります.
                これは外耳道炎であることが多いです.また風邪などを引いた後や鼻水をすすっている
                子供の多くは急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)になっていることが多いです.



          4.いびきをよくかくのですが.
                いびきの原因は成人と子供では少し違いますが,のどが狭い方,鼻づまりがある(鼻で
                息がしにくい)と口で呼吸することが多いためいびきをかきやすいです.鼻閉の原因に
                鼻炎,アレルギー性鼻炎,副鼻腔炎(いわゆる ちくのう),鼻茸(はなたけ,ポリープ)
                アデノイド肥大などが考えられます.また肥満傾向の方もいびきをかきやすいです.また
                無呼吸(10秒以上息がとまる)も頻回に伴うようなら呼吸の状態を調べる検査を受けられ
                ることを勧めます.



          5.耳が遠い感じがするのですが.
                テレビを前で見たり,音量を大きくしたり,声が大きかったり,呼びかけてもなかなか応じ
                なかったり,時に言葉の発育が遅い場合もあり日常生活のなかで子供の難聴が発見される
                こともあります.耳あかが耳栓のようにつまっていたり,鼓膜の裏側に液体がたまる
                滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)であったり,聴こえに関係する神経が悪かっ
                たりといろいろ原因があります.



          6.子供の耳そうじをしてはいけないのでしょうか.
                耳あかを清掃することは大切なことです.しかし嫌がる子供や動きやすい子供の耳そうじ
                は危険です.綿棒や耳かきで外耳道を傷つけたり,鼓膜に穴をあけてしまうことがあります.
                      無理をしない程度でお願いします.もし出来なければ耳鼻咽喉科医で除去して
                もらってください.特に赤ちゃんの場合は耳の穴がとても小さいので耳鼻咽喉科で除去
                してもらってください.



          7.鼻をよくすすっているのですが.
                鼻水があるためにすする場合,鼻水は少ないが鼻づまりが強くてすする場合,
                風邪による鼻炎,アレルギー性鼻炎,副鼻腔炎  また耳管の働きが悪く鼻をすすって
                いる場合もあります.



          8.へんとうせん(扁桃腺)が大きいといわれたのですが.
                へんとうせん(扁桃腺)という言葉は正しくなく,へんとう(扁桃)と言います.扁桃には
                咽頭扁桃(いんとうへんとう),耳管扁桃(じかんへんとう),口蓋扁桃(こうがいへんとう)
                舌扁桃(ぜつへんとう)と4つあります.一般にへんとうと言えば口蓋扁桃のことを指します.
                口を大きく開けたとき,のどの突き当たりの両側にあります.大きさは個人によって,
                年齢によっても異なります.へんとうが大きいだけでは心配ありませんが,「いびきが常時
                大きく」,「無呼吸がある」,「鳩胸(胸郭異常)である」など様々な呼吸障害などがある
                場合は摘出術の適応になることもあります.



Copyright(C)2008 だけクリニック All Rights Reserved
当クリニック及び当ホームページに関するお問い合わせは全て
だけクリニックTEL073-402-4351まで